どうする?困った時の排水管の水漏れ対処

いきなり起こってしまう家の中のトラブルが排水管の水漏れです。このようなトラブルはどうしても慌ててしまうものでしょう。しかし、慌てている間もその被害は徐々に広がっていきます。そのように、被害を拡大していかないためにも自分で起こせる行動を適切に、出来るだけ早く起こすことはとても大切です。では、実際に排水管の水漏れに遭遇したときに素早くおこすべき行動について紹介します。いざという時に役立てることができるように覚えておきましょう。

■元栓を閉めよう

水道は、ガスと同じように元栓と呼ばれるものが存在しています。水を出す元の栓を止めてしまえば、水が出ることはありません。そのため水が漏れている状況が発覚した場合には、直ちに元栓を閉めることによってそれ以上たくさんの水を漏らさないような働きもしてくれます。
水漏れの程度にもよりますが、ぽたぽたと出ている場合ではタオルで処置することも可能です。しかし、噴き出すような量の水が外に漏れているケースでは、できるだけ素早く元栓を閉めるなどの行動をとらなければ、漏れている箇所の周囲が水浸しになる可能性も非常に高いので気を付けましょう。

■素早く応急した後

自分で対処することができる応急処置は非常に限られています。そのため、無理に自分でどうにかしようと色んなことをしてしまうと、かえって状態が悪くなってしまうこともあります。そんな時は、自分でできる対処法をとった後に排水管などを修理をしてくれる業者へ連絡をしましょう。原因や箇所がわかっている場合はそれを伝え、どちらも分からないケースでもそれを伝えておくと良いでしょう。
また、業者を利用する場合は見つけるて依頼するまでに多少の時間がかかってしまうこともあるため、時間短縮を考えるのであれば、トラブルが起こってしまう前に修理をしてくれる業者をいくつかピックアップしておくのも良いでしょう。

■まとめ
被害を少なくするためには、できるだけ早い行動が求められてしまうのが排水管の水漏れです。修理をするための行動が遅くなってしまえば、時には水漏れの被害が想定していた以上に拡大してしまうこともあるでしょう。その事態を防ぐためには、自分が出来る範囲の応急処置と、素早く修理を行ってもらうための行動をすることが大切です。もしも、急な配水管からの水漏れで動揺してしまうことがあっても、今回紹介した内容を思い出して行動を起こしていけば早急に問題の箇所を直してもらうことができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ